~ うさぎ と 暮らす日々  モルモット・プレーリードッグと過ごした日々~
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
小夏一番
 
 
【2015/06/25 21:49】
 
 
昨日は30℃、 今日は29℃。
暑いですね。


昨日は久しぶりに一人で長時間の外出をしました。
お休みしていた習い事に行って楽しい時間を過ごしてきました。(*^^*)v


今日は娘がこんなものを見つけてきました。
↓ この商品の名前は・・・  小夏一番

このくずきりは、冷やして食べたらおいしかったです。(*^^*)
もう少し酸味が強くてもいいかなぁ~。


↓ そしてうちの小夏 カニメット  娘に遊ばれています。・・というより遊んでもらっているのは娘。
kanimet.jpg



スポンサーサイト

テーマ:うさぎ - ジャンル:ペット

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ファイガたん 治療終了
 
 
【2015/06/23 22:36】
 
 
とても長かった手術後ですが、傷口がきれいになったので治療は今日で終了しました。

荒れたりただれたり禿げてしまった首周りも処置していただき、男前になりました。
禿げてしまった部分はそのうち毛が生えそろうので大丈夫なようです。^^;
爪も切っていただいきました。


今回の手術では突発的なことがありました。
手術中に呼吸が止まったとの連絡が来た時は、手術するという選択が間違っていたのではないか? 
1月にぼたんの手術をした時、麻酔で呼吸が止まってそのまま死んでしまったことがフラッシュバックして、
元気で生活できているのにとんでもないことをしたのではないか・・・どうしよう・・・などと精神的にきつい状態になりました。
呼吸が戻って本当によかったです。

抜糸後しばらくしてからの出血には驚かせられ、もうどうなってしまうのだろうと心配しましたが、無事に止まり安堵しました。

小動物の手術は大変だということを改めて認識させられました。


手術後、一日に数回の傷口の消毒。
傷口の処置は最初私一人では無理で、動物が大の苦手な夫(触ることさえできなかった)が困っている私を見かねて手伝ってくれたこともありました。
娘にもいろいろ手伝ってもらいました。
家族の手助けがなければできなかったことがたくさんあります。本当にありがたかったです。


今、ファイガたんが元気でいてくれて、私の心の重荷が少し下せました。(*^^*)




↓ お気に入りの場所でお昼寝するファイガたん。  ちょっぴり擦れてしまった顔は見えないね。




 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
小夏 避妊手術
 
 
【2015/06/21 16:17】
 
 
うさぎさんの女の子は子宮の病気になりやすい(8割くらい)とのことで、手術することにしました。
まずは病院の情報収集。

ファイガたんが現在通っている病院は、入院(2泊3日)・カラー装着必須。
ファイガたんの手術後を見ていると、ストレス過多になるカラーは小夏には避けたいと思いました。
セカンドオピニオンを受けた病院は、現在は外科手術を受けつけていない。
そこでファイガたんが1年半前に通った病院を調べたら、 日帰り・カラーなし・抗生剤などの薬の投与なし・抜糸なしでした。

病院へ行って相談し、15日(月曜日)に手術を受けました。
午前中に連れて行って預け、午後手術を受けて夕方に帰宅。
手術当日は、うずくまって何も食べず。
翌日もほとんど食べず。
翌々日あたりから少しずつ食べ始め、昨日は通常営業。よく動きまわり安心しました。

ただ、ちょっと怖がりが増してしまいました。^^;
これは時間が解決してくれるとは思いますが・・・。

問題は特に起きなかったので、次は2週後に病院へ連れて行きます。

小夏も頑張ったね~。    黄色のパプリカがとても似合う♪  かわいいね♪
パプリカメット

この手術前に血液・レントゲン検査を受けたのですが、 小夏の背骨が曲がっていて奇形と言われました。
この先問題が起きることはないそうですが、寝耳に水!!
でも、小夏は小夏だから別にいいよね。(*^^)v





 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ファイガたん カラーを外してみました
 
 
【2015/06/21 15:38】
 
 
外はジメジ。
お天気ははっきりしないし、梅雨真っ只中ですね。

うちはここずっとエアコンと除湿機を24時間稼働しています。
6月初め、85%もの湿度の時ファイたんの餌は湿ってつぶれました。
牧草も湿って嫌な感じ。
ファイたんの体にも悪いので、それ以来湿度は50%キープ中。


手術後一か月。
グルーミングが自分でできなくて、起きている時は頻繁に足で体を掻いたり口で何とかしようとしています。(カラーが邪魔でできていない)
飼い主がペット用ブラシでブラッシングしていても、自分でするのとは別物です。
体を掻く時、カラーに足が触れるとその音が夜中も響いています。
カラー装着で首の根元の毛はパッカリと割れてしまっていて・・・
もうこれ以上は無理。
傷口はもう大丈夫だと判断し、今朝カラーを外しました。

カラーが触れていた首の部分ところどころ、禿げています。
やっぱりね・・・。
赤くなってしまって、傷になっているところも。。。。
本当に長かったよね。

このカラー生活1か月、ファイたんはとてもきつかったね。
よく我慢して頑張ったね。


今日は朝からケージの入口を開けっ放しにして、好きなようにさせておきました。
ファイたん、最初は別荘へ。
しばらくそこで毛繕いをして昼寝。
それからいつの間にかケージの中に戻って寝ていました。
ふと別荘の中に敷いてあるペットシーツを見たら・・・ぎょっ! 抜け毛だらけ!!
少しはさっぱりしたかな?


↓ 首の周囲の毛色が変。
カラーを外したファイガたん




 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
昨日はぷぃちゃんの命日
 
 
【2015/06/18 16:58】
 
 
月日が経つのは早いもので、もう9年の年月が過ぎ去っていました。
9年の間にはビビをお迎えして送って、ファイガが来ました。

ぷぃちゃんは人懐こくて人間が大好きなモルモットでした。
ショップで出会った時というか・・・
何か視線を感じて振り返ったら売れ残りでチェーン店から回ってきたモルモットがいたのですが、それがぷぃちゃん。
ケージの中に指を入れたら(本当は入れてはいけないと思うのですが)、ペロッ と舐めました。
その時モルモットはお迎えするつもりはなかったのに、連れ帰ってしまった(モモ吉が虹の橋を渡って2か月ちょっと)。
あの時の光景は忘れることはありません。
甘えん坊でヘタレでかわいいモルモットでした。

モルモットは1996年から飼いはじめてファイガたんで4匹目ですが、
それぞれとても個性があってたくさんの思い出が心に残っています。




さて、4匹目のモルモットのファイガたん。
昨日新しいカラーを装着。
そのカラーは心持ち幅が広い。
なので歩くときにちょっぴりつっかえてしまうことも。
あと少しだからね。来週には外れるからね(・・と思う)。



↓ お気に入りの別荘で昼寝(朝寝)。頭隠して尻隠さずではなくて、 脚を投げ出しています。




 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
あと1週間はエリザベスカラー・・・(+o+)
 
 
【2015/06/16 19:53】
 
 
予約日の今日はファイガたんを連れて病院へ。

珍しく病院は空いていてすぐに呼ばれました。(ラッキ~♪)
ラッキー続きにエリザベスカラーが外れるか? と思ったのですがそれは無理。

金曜日に出血したところがかさぶたになっているので、それをはがしたらまた大変。
・・・ということで来週に持ち越しになってしまいました。 はぁ~。溜息です。

でもカラー生活が長すぎるので見ていられる時は外すことになりました。

午後、ファイガたんが落ち着いているのを見計らってカラーを外してみました。
ファイガたんは キョトン。
それから足で体を掻いてみたり、口で足を咥えてみたり。
毛繕いがちょっと嬉しそうに見えました。

それから使っていたカラーをきれいにしなくては と カラーを見たら・・・・
マジックテープが壊れてしまっていました。
取りあえず洋裁用のマジックテープと強力両面テープで直してみましたが、何か心もとない。
あと1週間なんて持ちません。^^;
病院へ電話してカラーをお願いしました。
しかし、ファイガサイズのカラーを作るために選択肢は二つ。
・ 現在のカラーを持って行くか?(装着中でそれは無理な話)
・ ファイガを連れて行くか?

ファイガたんを連れて行くしか選べません。
結局明日も病院へ行くことになりました。 (^^ゞ

わぁ~参った。。。ちょっと疲れ気味。
体力不足です。私。
でもね、ファイガたんのためだから・・・と気力を振り絞って行きます。(-_-;)


さてカラーを外したファイガたん、カラーを装着しようとしたら悲しそうな声で抵抗。
なんか可哀そうで辛かった飼い主。
 ”ごめんね”と謝りながらカラーを着けてケージに戻したら・・・・
拗ねて寝てしまいました。

もう4週間だものね。
カラー生活がここまで長いとは思わなかった。。。。

↓ 大好きなヒノキの椅子の下で ( カラーをしたまま廊下を走って別宅へ。)
150615_figa.jpg

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ファイガたん 入院と退院
 
 
【2015/06/13 22:27】
 
 
いろいろあります。
何が起こるか本当にわかりません。。。^^;


かさぶたがプラプラとして取れかかっていた昨日は通院日。
いよいよというかようやくカラーが外れるかなぁ~ などとちょっぴり浮かれていたのですが・・・
傷口から何か糸のようなものが出ていました。
病院で診ていただいたらこの糸は内皮縫合の糸。

ファイガたんは処置室に連れて行かれ待合室で待っていました。
何か時間がかかるなぁ。。。何かいやだなぁ。。。この気持ち。。。
ファイガたん、傷口の内側から出血しました。。。
圧迫していても止まらないので入院になりました。

もう心配で心配で、このまま止まらなかったらどうしよう。
心臓がドキドキしてやっと帰宅したような気がします。(あまり覚えていない・・)
夜遅くに先生から出血が止まったとの連絡をいただき、すこし安心しましたが眠れませんでした。

その後、出血もなくて今日のお昼に退院できました。

病院ではペレットは相変わらず食べなかったけれど、牧草や野菜などはしっかり食べていたようでした。
キャリーに移されて受け取り、待合室でうちから持って行った野菜や生チモシーやイタリアンライグラスはあっという間に平らげてしまいました。
電車の中では寝ていました。

うちに着いても食欲旺盛。(ペレット以外)


そして続く エリザベスカラー。 ファイたん、なんかもうすっかり板についてしまったようです。。。
150613_figa.jpg



テーマ:モルモット - ジャンル:ペット

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
エリザベスは続く・・・・
 
 
【2015/06/07 22:03】
 
 
月曜日にカラーが大きくなってから本当に食べにくくて大変になってしまっていました。
火曜日、水曜日。食欲が落ちてうんちが小さくなりました。
シリンジ給餌は1日に2回にして頑張りました。


5日(金)に病院へ行き、抜糸したファイガたん。
体重が1220gまで戻りました。

切った場所のかさぶたがとても大きいです。^^;
ファイガたんが齧って取ってしまったりするとまた大変・・・ということでエリザベスカラー続行中。。。
カラー生活は結局3週間になってしまうでしょう。

カラーが邪魔でいつもしていた散歩が全くできないんです。
段差が全くない平らな所でもカラーが引っかかってうまく歩けなくて。
ほんの1㎝でも段差があると危険なのでケージ暮らしです。
ずっと自由に歩き回っている生活だったので・・・とてもかわいそうに思えてなりません。(T_T)

そんな中で頑張っているファイガたん。
エリザベスカラーが邪魔で普通に食べられないから、彼なりに工夫しているようです。

カラーをブルドーザーみたいにして ガーッ と牧草に突進すると牧草がうまく食べられます。^^;
牧草は短く切っていますが、たまに長いものが入ってしまうと上を向いてみたり、振り回しながら食べています
お皿のふちにカラーを引っかけるとお皿の水が飲めます。
同じように野菜類やおやつも食べています。
食欲があり、自力で食べているのでシリンジ給餌はやめました。

あともう少し頑張ろうね。


↓ 牧草の山を枕に。 フリースやタオルも自分で整えて枕にします。




テーマ:モルモット - ジャンル:ペット

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ファイガたん エリザベスカラーを新調
 
 
【2015/06/02 22:09】
 
 
昨日はファイガたんの通院日でした。
朝は電車が混雑で遅れることが多いため、毎回早目に家を出ます。
昨日はほぼ遅れがなかったので予約時間より少し早く到着しました。

ファイたんの傷口ですが、金曜日に抜糸します。
・・・が、かさぶたが自然にはがれるまでエリザベスカラーを着けていることになりました。
カラー装着中にいろいろあったことを先生に話しました。^^;
お腹を齧って傷をつけてしまうこともありで、カラーの幅を少し広くした方が安全ということで新しいカラーになりました。
爪が伸びてしまっていたのでカットもお願いしました。

前よりももっと食べにくくなってしまったね。
それでも一生懸命に頑張って食べているファイたん。
いじらしいです。

シリンジ給餌も別に嫌がることもなく、付き合ってくれています。
環境の変化にもすぐに対応できるファイガたん。
本当に良い子だね~。






テーマ:モルモット - ジャンル:ペット

 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。