~ うさぎ と 暮らす日々  モルモット・プレーリードッグと過ごした日々~
 
 
 
 
ビビ。 落ち着いています。
 
 
【2010/05/26 22:24】
 
 
不正咬合で通院中のビビ。
週に2回、キセノン治療を受けています。
これはずっと続くかも知れません。

先日からよだれが多くなり、口が動かしにくいようだったため、
月曜日に麻酔をかけて削っていただきました。


相変わらず流動食しか食べられない状態です。
もう固形物を食べることは出来ないのだろうなぁと思うと不憫ですが、最近、彼なりに状況を理解できたようです。
自分からシリンジをくわえます。

そのおかげで、830gまで落ちた体重は、850g前後までなんとか戻り、落ち着きました。

お腹が空くと大騒ぎするようになり、1日8回程度の給餌をしています。
当然、真夜中の給餌もしなくてはならなくなりました。
娘たちが赤ちゃんの時にミルクをあげてた昔に戻ったよう・・・。(^^ゞ
でもこの年になると結構きついものです。

現在、ウサギ用M.S.ライフケアと大麦若葉の粉やケールなども混ぜて、野菜ジュースなどで溶かして食べさせています。
ビビは、大麦若葉の青臭さが気に入っているようです。

でも、同じ味だと飽きてしまいます。
そのため、ジュースに様々な野菜をブレンダーで粉砕してブレンドし、裏ごしをします。
裏ごしはビビが上手く飲み込めないのでしています。

ブレンドする野菜は、 大葉・セロリ・小松菜・ピーマン・ニンジン等。
単品で使用したりブレンドしてみたりと色々な味にします。

ここでベースにするジュース類。
色々なメーカーのものを買って試しました。
ビビは甘いジュース類は好きでないようで、私が不味いと思ったジュースはビビも駄目でした。
一体何種類買ったかしら。
3種類ほど気に入ったものを見つけ、味を変えています。

昨日は2時、4時、6時だったので、ふだんからぼ~っとしている頭がさらにぼ~~~~っとしてました。
今日は2時半、5時半だからまだましでしたが。(笑)
お昼過ぎの時間帯は間隔があきます。
やはり・・・夜行性なモルモットでした。


↓シリンジになれない頃のビビ
強制給餌
前足で押して拒否する毎日でした。

テーマ:モルモット - ジャンル:ペット

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
チェリ男 ちょっとはげ
 
 
【2010/05/26 21:25】
 
 
チェリ男。
毛が抜け変わる時期ですが・・・抜けたところが”はげ”になっているところがあります。^^;
ここ数年、そんなことが続いています。
まあ、年だから仕方ないかな。

でもとても元気に破壊工作をする毎日。
チェリ男専用になっている座椅子がボロボロになってきました。
齧られた座椅子は、中のウレタンが飛び出ています。
もう・・・好きにしてちょうだ~い。


今日はとうもろこしを買ってきて与えたところ、ものすごい勢いで食べました。


チェリ男の寝姿

テーマ:プレリードック - ジャンル:ペット

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
モルモット 不正咬合で強制給餌
 
 
【2010/05/15 10:33】
 
 
レントゲン検査から1週間が経ちました。

8日の検査の結果で、その日は帰宅し玄関に入るなり号泣してしまいました。
落ち込みました・・・が、時は待ってくれない。
メソメソしてなんていられません。

本当に辛いのはビビ。
お腹がすいているのに自分ではまったく食べることが出来ない。
形あるものを噛めないしそれを飲み込むことも出来ない。

流動食の味付けをかえながら1日8回程度強制給餌しています。

でも、強制給餌はとても難しいと感じます。
本人が嫌がったところで、給餌を終了させるとあっという間に体重が落ちます。
少し無理をして食べてもらっています。

お薬は飲ませるのがやはり大変ですが、ホメオパシーレメディは、とても好きなので楽です。

5月 9日(日) 876g

5月10日(月) 876g

5月11日(火) 867g

5月12日(水) 867g

5月13日(木) 864g

5月14日(金) 854g

5月15日(土) 854g

じわじわ減ってくる体重。
維持することが大変です。

食べてくれなかったり体重が落ちると飼い主にダメージがきます。
MPが減っていくようです。
ゲームならエーテルで回復できるのですが・・・現実ではそれは無理(笑)。


現在、病院でいただいたウサギ用流動食に青汁・無塩野菜ジュース・リンゴ果汁・ヨーグルト・・・などを加えてヴァリエーションを増やして与えています。

ビビ

今週は松戸の病院へ月・水・金と3回通いました。
キセノン治療は本人が気持ちよさそうです。



テーマ:モルモット - ジャンル:ペット

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
モルモットの不正咬合
 
 
【2010/05/09 11:12】
 
 
4/28(水)に不正咬合で臼歯を削っていただいたビビですが・・・。
翌日は食欲が戻り、少し安心していました。
その後、想定外の悪い方向へ進んでしまいました。

<経過>

4月上旬、前歯が斜めになっていたが、数日で元に戻り、食欲も普通だった。

22日(木) :お腹に何か出来ているため、病院で検査をしてもらったが良性のもの。
       その他、特に異常なし。

このあと、野菜とペレットを食べる量が少し減りました。

26日(月) :食欲はあるのに食べにくそう。
       夜中に歯を鳴らした。
       口の中に唾液が溜まっているような感じがした。

27日(火) :潮見のお医者さんで診て貰う。(不正咬合の可能性)
       痛み止めと胃腸のうっ帯を解消する薬をいただく。

28日(水) :松戸の病院へ連れて行き、不正咬合と診断されたため臼歯を少し削っていただく。
       
       夜、細かく刻んだ野菜を食べた。
       疲れているためか、大人しかった。

29日(木) :細かく刻んだものを食べた(小松菜、リンゴ、トマト、タンポポ)
       大きなものを何とか食べつつあった。
       夜、いつも通り活動的なビビだった。

30日(金) :細かく刻んだものを少しだけ食べた。(小松菜、タンポポ)、リンゴは駄目。
       再び食べにくそうな一日。
       夜、いつも通り活動的なビビ。

5月1日(土):食欲不振に陥る。
       夜、大人しくあまり動き回らない。

 2日(日) :食欲不振。
       飲み込むのが辛そう。
       夕方から物を食べない。
       動きが悪い。

この時点で、モルモットフードを水でふやかし、シリンジで与え始めました。
自分で餌を食べようとするのですが、口に入れて噛み切ることが出来ない・したがって飲み込むことが出来ない。
大好きなリンゴさえ、噛み切ることが出来ず。
そうかといって、細かくカットしたものを与えると、それは嫌で食べない。

3日(月) :体重減(前回計った時から-50g)
      好きなものもほとんどたべない。
      飲み込みが大変な様子。
      体を丸めている。毛が逆立つ。
      糞が臭うし、ごく少量しか出ない。
      
      そこで、病院へ連絡して連れて行く。
      痛み止めの注射と皮下輸液・お薬とホメオパシーレメディをいただき帰宅。
      夜も大人しい。

4日(火) :お腹がすいているようだが食べない。
      バナナ、みかんを少々食べる
      薬はずっとヨーグルトに溶いて投与。
      
5日(水) :野菜をごく少量食べるがそれ以外口にせず。
      夜は動き回る。

6日(木) :体重 883g (半月で、-150g。かなり減りました)
      病院へ行き、前歯が斜めなので削っていただく。
      ウサギ用流動食を与えることになりました。
      痛み止め・胃腸うっ帯解消のお薬とホメオパシーレメディ(口の不快感によいもの)を処方していただく。

7日(金) :ますます悪い方向へ進んでしまっているようにみえた。

      ネットで不正咬合を検索しているとビビと似た症状が記載されているHPを娘が見つけた。
      それは最悪なことを覚悟しなくてはならないくてかなり落ち込みました。
      歯が、口の中だけで伸びるのではなくて歯根が下へと伸び続けること。      

8日(土) :体重 863g
       病院へ連絡して連れて行き、レントゲンを撮っていただく。
       結果、予想していた最悪な症例。
       口の中の歯は現在問題なしで、レントゲンを見ると顎の骨がギザギザしていました。
       歯根が下へ伸び続ける! 
       これが痛い原因。
       歯は上に伸びるだけのだったら削ればよい。
       しかし、下に行ってしまったらどうしようもない。
       
       処置は痛みのコントロールを続け、流動食で延命していかなくてはなりません。
       腸のうっ帯もひどく、薬も追加。
       痛み止めと皮下輸液、キセノン治療を受けてきました。

余命を聞いたところ、流動食が上手くいかないと1ヶ月持たないし、上手くいっても半年くらい。
ガツン と食らってしまいました。
腸のうっ帯解消と痛みのコントロールため、頻繁に病院通いをすることになりました。

ビビ 給餌後
帰り道がとても遠かったです。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
プレーリードッグ チェリ男
 
 
【2010/05/09 09:50】
 
 
勝手気ままな毎日を送っています。

最近特に早起きで、朝5時ごろになるとガタガタ音を立て始めます。
7時過ぎにケージから出されて、餌(薬を仕込んだかぼちゃ、バナナ、リンゴ)などを与えられ、その後はお昼過ぎまで部屋の中で散歩時々昼寝。

今、サラダ菜がお気に入りに加わりました。
ビビがサラダ菜を食べられないため、チェリ男に回しています。

明るい場所で
本当に元気いっぱい。
先日、もしかしたらチェリ男は家に来たすべての動物たちを看取るのかもね・・・なんて話を娘としていました。
実際にそうなりそうです。
ビビの具合がとても悪くなりました。


 
 
 
▲TOP