~ うさぎ と 暮らす日々  モルモット・プレーリードッグと過ごした日々~
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
チェリ男 病院へ!
 
 
【2009/07/16 22:22】
 
 
東京は気温34度。
そんな中、タイトル通り、プレーリードッグのチェリ男を松戸の小動物専門病院へ急遽連れて行きました。

連れて行った理由なんですけれど・・・後ろ足が変!!

朝、いつも通りケージから出して自由に遊ばせていました。
ふと、気づいたら右後ろ足、跛をひいていました。
でも、痛がったりしていませんでした。
痛かったら ”キャン!”とか騒ぐはずなんです。
触れても痛がらないし・・・。

娘は半分パニック。私も少し焦りました。

とりあえず、ケージへそっと戻しました。
食欲・・・いつも通り。 与えたもの -特に果物とか- はあっというまに平らげました。
とにかくおとなしくしていてもらいたい・・と思っているのに、
小屋の上に使える手足で這い登ってしまいました。

見ている私たちがひやひやしましたが、平然と回し車も回しました。
でもよたよたしていました。


ここ一月二月で、歩く姿が年寄りっぽくなっているのは感じていました。
それが突然、片足が利かなくなる。。。

病院のレントゲン検査結果
石灰化している部分がありました。
背骨もすっかりお年寄り。
この二つが原因で足が利かなくなっているようです。

今回の処置として、グルコサミンを投与し、様子を見ることになりました。
心臓の音も悪くなっているようです。

人間と同じように年をとっているわけです。
しかたないな。
でも、今日でよかった。
昨日だったら、お医者さんがお休みでした。


先生はやはり扱いが上手です。
おとなしく診察させたチェリ男。
レントゲンの時は麻酔をしないと駄目なくらい騒ぎましたが。(^^ゞ


搬送は暑さのため大変でした。
いつものキャリーは大きくて、動き回ってしまいそうだったためビビ搬送用のものを使用しました。
その中に好きな布とわらを入れました。
暑さ対策に保冷剤数個。
最初のうちは、大暴れしていたようですがそのうちに眠っていました。
体力がなくなっているんですよね。
だから眠る時間が長い。

本当に爺さん。
いつもう片方が悪くなってもおかしくないと思います。
バリアフリー計画を立てて、安全に過ごさせたいものです。
何とか夏を上手に越すことが出来るといいんですけれど。

現在9歳4ヶ月。
好きなもの・・・メロン、りんご、モルモットフード、アリメペット。



スポンサーサイト

テーマ:プレリードック - ジャンル:ペット

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
シーフ・チェリ男
 
 
【2009/07/07 16:06】
 
 
”そこらのわかいもんには負けないぜ”と、毎日家の中を散歩するチェリ男。

結構長い時間、あっちうろうろ・・・こっちうろうろ。
ちょこまかと動き回ります。
当然その間、目を離すことが出来ません。
ちょっと目を離すと、いろいろやってくれます。

脱衣所奥の方へもぐりこもうとしたり、トイレの扉をカシャカシャと引っかいてみたり、じっと一つの場所にいることはありません。

昨日は油断していたら、モルモットのビビのケージがある部屋へ入ってしまい、ギョッとさせられました。
ビビは朝寝していて気づかず、何事もなくすみましたが、
チェリ男はビビのケージに手を入れてサラダ菜を盗みました。
そして・・・それをとても美味しそうに食べていました。
こやつめ・・・。

ぺろぺろ
これは少し前の写真で痩せていますが、今はちょっと太りました。



テーマ:プレリードック - ジャンル:ペット

 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。